年越しにそばを食べる理由

日本には、大晦日にそばを食べる年越しそばの風習があります。この年越しそばの風習は、日本に古くからあるようですが、実はそばを食べて年を越すようになったのは江戸時代からだと言われています。

古来日本のお正月は、家族揃って家にこもり、家にやって来て幸福をもたらす年神様を祀り、 その年の豊作を祈願するものだったそうです。 
初詣は明治時代以降に出来た習慣で、郊外に伸びる鉄道ができたことにより、 
集客を図った鉄道会社のイベントが始まりだったそうです。   
鉄道会社の宣伝に煽られ、やがて多くの人が初詣に出かけるようになりました。

年越しそばの風習も、初詣同様に歴史は新しく、 
江戸時代に定着したものと言われています。

日本人が年越しにそばを食べるようになった理由には、たくさんの諸説があります。
一般にはそばが細長いので、長く細く生きられるように願うからだと言われています。
また、そばは切れやすいことから、一年間の嫌なことは切り捨てるという意味もあると言われています。

古くは鎌倉時代に博多の承天寺で年を越せない貧しい人に、そばを振る舞ったところ、翌年運が向いてきたという話もありますが、この頃には、現在のような麺状のそばは存在せず、
餅であったことから、細く、長く生きるという意味合いは含まれていなかったと言えます。

金細工師が散らかった金粉を集めるのに、そば粉を使っていたことから、
そばは金を集めるものとされたという説もあります。

「みかど(天皇)おさまる」ということで、みかど(三角)の形をしたソバの実は縁起がいいとされた説もあります。

また、ソバの木は風で倒れてもすぐ起き上がるので、その生命力にあやかり、
迎える年もたくましく生きていけることを願ったという説もあります。

いずれも、
長生きしたい。。
嫌なことは忘れたい。。
お金に困らないようになりたい。。
たくましく生きていけるように。。
平穏な世の中であるように。。
など、人々の願いが、込められていたと言えます。

現在も縁起を担いでそばを食べることには変わりはありませんが、さしあたり喉越しがよく、胃に重さを感じさせないそばは、たくさんのご馳走を食べる正月に備える、体の下準備にはピッタリのメニューと言えるような気がしています。

ちなみに日本の年越しそばに該たる食べ物の習慣は、世界にもあります。
オランダではオリボルン、イタリアではザンポーネを食べて、年を越しているそうです。オリボルンはミンチの豚足揚げで、ザンポーネは揚げドーナッツですから、国が変われば、年越しの食べ物もずいぶん変わるものですね。