そば屋メニューのいろいろ

そば屋のメニューには、実に多く、さまざまなものがあります。地方によっても各メニューの呼び方や、用いられる具材はかなり異なりますが、主なものを載させていただきます。

①つけそば関係のメニュー

「もりそば」

「ざるそば」

「おろしそば」:つゆに大根おろしを溶いて食べるもの。

「とろろそば」:つゆにとろろを溶いて食べるもの。

②かけそば関係のメニュー

「きつねそば」:甘く煮付けた油揚げを具とするもの。関西では、「きつね」はうどんにだけ用いられ、そばの上に油揚げの乗っているものは「たぬきそば」になるのだそうです。

「たぬきそば」:天かす(揚げ玉)を具とするもの。

「月見そば」:卵の黄身を月に見立て、生卵をつゆの中に割り入れたもの。

「山菜そば」:山菜水煮を具とするもの。

「わかめそば」:具としてワカメを入れたもの。

「おぼろそば」:とろろ昆布を入れたもの。多く関西地方に見られます。

「なめこそば」:ナメコを具に用いたもの。他のキノコも加えることもあります。

「おかめそば」:松たけやしいたけ、ホウレンソウなどの青菜、湯葉、かまぼこ等の具がおかめの顔に見立てて具として配置されているもの。幕末に江戸の下谷七軒町に存在した太田庵が発祥とされています。

「けんちんそば」:つゆに、人参やごぼう、里芋などの野菜を煮込んだけんちん汁を用いたもの。

「天ぷらそば」:天ぷらをのせたもので、天ぷらには、かき揚げ、海老、いかなど、さまざまなものが用いられています。海老は腰が曲がることから長寿のシンボルとされ、縁起のいいものとされています。

「力そば」:餅を入れたもの。

「南蛮そば」:ネギ、唐辛子などを用いて調理したもの。

「鴨南蛮」:具に鴨肉の肉を用いて、ネギ、唐辛子などと一緒に調理したもの。

「鳥南蛮」:具に鶏の肉を用いて、ネギ、唐辛子などと一緒に調理したもの。

「肉南蛮」:具に牛肉か豚肉を用いて、ネギ、唐辛子などと一緒に調理したもの。

「カレー南蛮」:カレー粉をそばつゆでのばし、片栗粉でとろみをつけた汁をかけたもの。

「鰊(にしん)そば」:身欠きニシン(ニシンの干物を戻して味付けした甘露煮をのせたもの。京都が発祥とされますが、「身欠きニシン」は北海道の名産品でもあります。)

「かしわそば」:鶏肉を具に用いたもの。西日本発祥のものとされ、本来「かしわ」は、日本在来種のニワトリの肉を指します。

「はらこそば」:盛岡など東北の食べ方で、生のイクラを具とするもの。

「しっぽく(卓袱)そば」:しいたけの煮付け、かまぼこ、ゆば、板麩、三葉などを乗せたもの。地域によって具・出汁など内容が異なり、香川、京都、山形などに見られます。

「花巻そば」:海苔(磯の花)を置いたもの。海苔の置き方はそれぞれです。三つ葉や青菜なども添えられ、上に乗せられている場合も多くあります。江戸・安永(1772-81)のころに誕生し、古典落語「時(刻)そば」にも登場します。

「きざみそば」:油揚の短冊切り(きざみ)を具にしたもの。

「とじそば」:卵とじを入れたもの。

③ぶっかけそば関係のメニュー

「冷やしきつねそば」:甘く煮付けた油揚げを具とするもの。「つけそば」で用いられることもあります。

「冷やしたぬきそば」:天かす(揚げ玉)を具とするもの。「つけそば」で用いられることもあります。

「冷やし月見そば」:卵の黄身を月に見立て、そばの上に半熟卵が置かれているもの。

「冷やし山菜そば」:山菜水煮を具とするもの。

「冷やしなめこそば」:ナメコを具に用いたもので、大根おろしの上にナメコを乗せる場合もあります。

④新時代のそば

「肉そば」:大き深い丼に、食感の強い中太のそばが盛られその上に
甘辛く煮た牛肉がのって更に、ネギ、ゴマ、海苔が大量にかかっている。
それをラー油が入ったつけ汁でいただくそば。